ダイエットと断食

多種多様なダイエット方法が世間にはありますが、近年、多くの人が実践している方法の一つにプチ断食があります。プチ断食によるダイエット方法は、3日から4日ぐらい期間に行う比較的の短期のダイエットであることが大きな特徴です。短期間のダイエットで済みますので、体に負荷がかかることなく、継続的なストレスを感ずにダイエットをすることができるといいます。ダイエットとしてのプチ断食は、政治的な主張や、宗教的苦行の断食とは違うものです。何週間もつづけるような断食は、体によくありません。極端な断食をすると健康状態を損ねる原因になってしまったり、リバウンドの原因になることもありますので、いい方法とはいえません。本来、ダイエットは長期にわたってコツコツと行うことが理想的です。そのほうが体への負荷も少ないですし、スムーズに体質改善していけるからです。けれども、ダイエットをずっとしていると、その分運動に取り組む時間も長くならざるをえませんし、食べたいものが食べられない日々が続きます。人によっては、ダイエットによるストレスを感じる人もいるのではないでしょうか。ダイエット中に感じるストレスはどうにかして解消しなければ、精神に負荷がかかり続ける一方となります。ずっとダイエットをしていると、空腹のストレスから過食が抑えきれなくなって、結果的に前以上の肥満になったという人もいます。ダイエットに挫折する原因の一つに、ダイエット中のストレスがあります。何事もやりすぎはよくありません。断食ダイエットなら、プチ断食の間だけ食事を我慢すれば終わるので、達成感もあり、ストレスのたまりにくいダイエット方法です。