フレッツ光の料金について

光ファイバーを使った回線は、とても早く、また電話やテレビなど、プラスαのサービスを受けることができるため、人気となっています。
かくいう我が家でも光回線で、フレッツ光を使用しています。
ただ、便利というか、高性能な分、フレッツ光の料金は高いのでは・・・というイメージがありますが、実際にはそれほど高いわけでもないんですよね。
フレッツ光には、東日本と西日本があり、サービス内容が異なっています。当然、料金にも多少ではありますが、差があります。
また、フレッツ光は(東日本・西日本どちらでも)ファミリータイプ(戸建て住宅用)とマンションタイプ(集合住宅用)、またオフィス用に分かれており、それぞれでも料金は異なっています。
それに、フレッツ光は、フレッツ光ネクスト、Bフレッツ、フレッツ・光プレミアムの総称なのですが、それぞれでも料金は異なります。
フレッツ光の料金ですが、初期費用と月額料金に分かれています。
初期費用は、契約料や、工事費の合計で、最初に1度だけ支払うものです。
月額料金には、基本使用料金に加え、回線装置代、配線利用料がプラスされたものを毎月支払います。
更に、ひかり電話やひかりTVなどのサービスを利用すれば、更にそれぞれの契約料がプラスされます。
プラスαのサービスをつけず、フレッツ光そのものの料金は、一概には言えませんが、月額料金の平均は、4,000円~6,000円ほどかな、と。
フレッツ光は、ファミリータイプとマンションタイプとでは、東日本でも西日本でも、マンションタイプの方が若干、料金は安いようです。
ただ、プロパイダー等でそれぞれキャンペーンを行っており、キャンペーン中にフレッツ光に契約すると、初期費用が無料になったり、値引きされたり、また月額料金も1ヵ月分無料だとか、半年間割引…などのサービスを受けることができます。
フレッツ光への加入を考えている方は、上手にキャンペーンを利用すれば、料金を安くさせることが可能ですよ。