本の虫のデジャ・ヴュ

“ごく普通の主婦である私は、「読書」が一番の趣味です。
あまりジャンルにこだわらず読み、つまらない小説でもとりあえずは読了してみる、というのがモットーです。
いわゆる、本の虫というものかもしれません。
そんな私ですが、読書中に「あれあれっ??」と思ってしまう事があります。
「この話、この展開…どこかで読んだような、知っているような気がする!」と、既視感(デジャ・ヴュ)を感じてしまうのです。
初めて読むはずの本なのに、なぜ…。
「まさか、盗作?」などと飛躍した想像をしてしまうのですが、結局同じ話を新装版で読んだだけだった、などのオチばかりです。
そんなに印象が強くない作品なので、読んだこともタイトルも忘れてしまっているだけなのでした。
昔の古典作品が好きなのでよくある事なのかもしれませんが、これからは読書録をつけてこういう重複を避けようかなあ…と考えています。”