毎日続けるといった注意事項もあります

皆さんは、妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活というと、基礎体温や食事の管理など、ほとんどの活動は女性がやるものだという印象が強いかと思います。ですが、男性側が実践できる妊活もあるのです。それが、葉酸を積極的に摂るという習慣です。
ご存知のように、流産や不妊に悩まれている場合、その原因となっているのは母体にあるばかりでなく、意外にも男性側の問題だというケースもあります。
特に注意すべきは精子の染色体異常です。受精卵の着床率に影響がある為、染色体異常率を軽減する必要があります。
葉酸には、染色体異常を軽減し精子の質を高めるという効果があります。
ですから、男性も葉酸を十分に摂って、妊活をすすめてみましょう。
サプリは不足しがちな特定の栄養素を抽出し、体に吸収しやすく加工したもので、健康的な生活をサポートしてくれる効果が期待できます。妊活中の女性において、体調管理をするのに適したサプリと言えば、特に葉酸を含んだサプリだと言えます。葉酸が持つ効果としては、貧血を防ぎ、赤ちゃんが先天的異常を発症するリスクを回避できることが報告されています。
他には、精子の染色体異常を軽減し、健全な精子を増やしてくれることが分かっています。
ですので、赤ちゃんを計画しているご夫婦にとって多くの効果が見込めるサプリだという事です。
不妊は身体的原因のほかに、ストレスも大きく関わっています。ストレスは生殖ホルモンの分泌を撹乱し、排卵障害や子宮の機能低下などを引き起こすためです。早く赤ちゃんを望む周囲の期待や時間的制約による焦りが不妊治療とあいまってストレスになるパターンもあって、悪循環から抜け出せない人もいます。穏やかな気持ちで治療を続けることは赤ちゃんを授かるためには良いことだと思います。葉酸を多く含む食べ物ですが、果物では、イチゴが代表的ですね。あまり店頭では見かけませんが、ライチにも多くの葉酸が含まれていると紹介されています。
それ以外では、柿やアセロラ、キウイフルーツも該当しますし、あるいは柑橘類も葉酸を多く含有しています。
ですので、葉酸を手軽に摂取しようと考えるならば、オレンジジュースを飲むのも良い方法だと言えますね。
葉酸が多く含まれている野菜についてですが、小松菜や菜の花、近年高い栄養価で有名になったモロヘイヤなど、青菜と呼ばれるものが該当します。
赤ちゃんを授かったあと、早めにこれらの食材を摂取することによって、胎児の先天異常を発症させにくくするという報告があります。
十分な葉酸摂取のために、毎日たくさんの野菜を食べるのが辛いという方も居ると思います。
そんな時には納豆や貝類を食べるのをお勧めします。葉酸は様々な食品に含まれていますから、自分に合ったものから補給するようにしましょう。
妊活中に必要不可欠な栄養素と言えば葉酸を想像する方も多いと思います。ですが、他にも亜鉛をしっかりと摂取するようにしましょう。なぜなら亜鉛は、卵巣に作用する事で、グレードの高い卵子を成育するために、欠かせない栄養素だという事が報告されているからです。
妊活中の女性以外にも、妊活中の男性にも効果があります。
それは、亜鉛の摂取によって精子が活性化することを助けてくれるんですね。
妊娠はどちらか一人ではできません。
元気で健康な赤ちゃんを授かる為にも、夫婦での亜鉛の摂取を始めてみてください。
葉酸の摂取期間についてお話しします。
皆さんご存知のように、葉酸の摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において必須であると厚生省が推奨していますが、妊娠後期の妊婦には葉酸が必要ないのでしょうか。
実際にはそれは違います。赤ちゃんの先天性異常の発症リスクを減少させるという有効性に限った話では、妊娠初期が最も注意する期間ですから、お腹に赤ちゃんがいる間でも、特に妊娠3ヶ月までの葉酸摂取が、強く勧告されているという事です。
葉酸は大変重要な栄養素ですが、熱に弱く水に流れやすいという特徴を持っています。ですので、食べ物から摂取する場合、調理には注意点がありますので、葉酸を食事から摂ろうと思っている方は、ぜひご一読ください。
出来るだけ葉酸の流出を防ぐために、火を通さずそのまま食べられるのが一番良いのですが、食材によって加熱調理が避けられない場合には加熱時間を短時間にしてサッと熱を通すくらいの調理にすれば、葉酸も摂れるかと思います。もし面倒だな、と感じる方は葉酸のサプリメントを活用するのが一番簡単だと言えますね。
今、二人子供がいます。
二人目の子にむけて妊活をしていた時の話ですが、産み分けについて興味があったので、本を買って読みました。
上の子が男の子でしたから、二人目は女の子だったらいいね、と主人と話したことがあったので、本当に産み分けが出来るのかな?と半信半疑な気持ちで読んでいました。
本には排卵日の特定法や、タイミングの合わせ方についてのアドバイスが掲載されていたので、それを見ながら産み分け法を実践しました。
妊娠が分かったときは嬉しかったのですが、産み分けの事もあって赤ちゃんの性別を先生に確認するまでは期待と不安が入り混じったような気持ちでしたが、無事に女の子を妊娠することが出来ました。妹が出来た、と家族で喜んでいます。
妊娠しづらいように感じ始めたら、まずは基礎体温計を購入することをおすすめします。
簡単すぎるようですが、基礎体温の推移を見れば女性の体の状態がある程度推測でき、妊娠しやすい時期が分かるだけでなく、不妊の原因究明にも役立ちます。基礎体温表を作るには、変化の少ない朝(起きたとき)に測り、毎日続けるといった注意事項もありますから、それを守ってつけていくことが大切です。
もし旅行などで飛ばしても、できる日から再開しましょう。