青春時代の友達は一生の友達にした方が後々の人生の役に立つ

私が青春時代について考えることは、青春時代の友達は一生の友達にするべきというものです。私の中で言う青春時代とは、つまり中学、高校、大学あたりの青春のキトー君のことを指します。
学生時代は、同じくらいの年代の人とたくさん繋がることが出来る機会です。もちろん、その時はそれが普通であるためそれを意識することはないでしょうが、とても貴重な時間です。年齢を重ねて社会人になると、同じくらいの年代の人と必ず一緒になれるとは限りません。何歳も上の人しかいないということも十分に考えられます。学生時代の交友関係は、非常に大事です。
青春時代の友達との関係を、社会人になっても続けられると、後々の人生に役立ちます。例えば、仕事で悩んでいるとき、そのことを会社の人に相談することもあるでしょうが、どうしても話をできない、しにくいこともあります。そういった時に学生時代の友達がいれば、会社とは別のコミュニティなので、同僚に話しにくいことも話すことが出来ます。また、学生時代を思い出して遊ぶことでストレスを発散することも出来るでしょう。ある意味で「逃げる場所」が出来るので、人生に余裕が出てきます。
そういった観点から考えて、青春時代の友達を一生の友達にすることは、後の人生の役に立つと言えると思います。